MTA

神経が露出した歯 MTA 神経の露出部を MTAにて封鎖 コーティング レジンにて修復 後日 症状を確認

MTAとは 

酸化カルシウム、酸化ビスマス、二酸化ケイ素、酸化アルミニウム
に精製水を混ぜたもので、歯髄を保護するために使用します。

深い虫歯の場合、歯の神経を残せるかどうかが大切なポイントとなります。
神経が露出した際は、露出部位の大きさや出血状態等の症状にもよりますが、直ちに神経をとらず、薬液でよく洗浄した後にMTAを用いて一旦神経を保存していきます。

処置後の症状により神経の生死を判断し、次の治療へと進みます。
※上記処置は自費診療となります。